boot9strap(USM) の導入


英語によるサポートについては、 Nintendo Homebrew on Discord のヘルプをご覧ください。
If you appreciate this guide, we accept Donations.

必ずお読みください

SAFE_MODE を導入するために、開発されたWiFiプロファイルを入れる必要があります。

既存のBannerBomb3を使用してこれを行うことができます。

To accomplish this, we use your system’s encryption key (movable.sed) to build a DSiWare backup that exploits the system in order to inject the exploited WiFi profile into your connections list.

WiFiプロファイルを入れたら、SAFE_MODEを実行します。これは、WiFiプロファイルを有効にするために、すべての3DS本体に存在する回復機能です。

これらのガイドは、システムバージョン末尾にある「U、E、J、K」にあるように、米国、欧州、日本、韓国の端末で機能します。

If your (Right/Left Shoulder), (D-Pad Up), or (A) buttons do not work, you will need to follow an alternate branch of Seedminer. 質問がある場合、Nintendo Homebrew on Discordにて英語で質問して下さい。

必要なもの

  • Seedminer でダウンロードした movable.sed ファイル
  • The latest release of SafeB9SInstaller (direct download)
  • The latest release of boot9strap (direct download)
  • The latest release of Luma3DS (the Luma3DS .zip file)

セクション I - 準備

  1. 本体の電源が入っている場合、本体の電源を切ります
  2. Open unSAFE_MODE Exploit Injector on your computer
  3. “ファイルを選択”から movable.sed ファイルをアップロードします。
  4. 「Build and Download」をクリックしてください。
    • This will download an exploit DSiWare called F00D43D5.bin and a SAFE_MODE exploit data file called usm.bin inside of a zip archive (unSAFE_MODE.zip)
  5. パソコンにSDカードを入れます
  6. boot.firmboot.3dsx をLuma3DSの .zip からSDカードのルートにコピーします
    • SDカードのルートとは、Nintendo 3DSのフォルダなどがある最初の項目のことであり、フォルダの中ではありません。
  7. boot9strapという名前のフォルダをSDカードのルート上に作成します。
  8. boot9strap.firmboot9strap.firm.shaを boot9strap .zip ファイルから解凍し、SD カードのboot9strapフォルダにコピーします。
  9. SafeB9SInstaller .zip からSafeB9SInstaller.binをSDカードのルートへコピーします
  10. Copy usm.bin from unSAFE_MODE.zip to the root of your SD card
  11. SDカードのNintendo 3DS -> <ID0> -> <ID1> -> Nintendo DSiWareへ移動します
    • ここでいう <ID0> は先ほど Seedminer で使用したものと同じです。
    • <ID1><ID0> の中の32文字の長いフォルダのことです。
    • Nintendo DSiWareフォルダが存在しない場合は、の中に作成します
  12. もし、このフォルダ内に既存のDSiWareのバックアップファイル(<8-character-id>.bin) がいくつかあるなら、それらをPCに移してください
    • これで Nintendo DSiWare フォルダが空になります。 PCに移すことで、バックアップファイルが削除されることはなくなります。
  13. Copy the F00D43D5.bin file from unSAFE_MODE.zip to the Nintendo DSiWare folder

セクション II - BannerBomb3

  1. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  2. 本体の電源を入れます
  3. 「本体設定」を開きます。
  4. データ管理 -> DSiWare データ管理 の順に移ります。
  5. SDカードをクリックします。
    • Your device should show a menu with some text
  6. Select “Inject haxx”
    • Your device will automatically power off

セクション III - unSAFE_MODE

  1. 電源が入っていない状態で、(Lボタン)+(Rボタン)+(十字キー上)+(Aボタン) を同時に押して、そのまま電源をつけます。
    • 本体が起動するまでボタンをそのまま押し続けて下さい
  2. 「OK」を押して更新を承認します
    • アップデートはありません。 そういう仕組みになっています
  3. 「承諾」を押して利用規約に同意します
  4. The update will eventually fail, with the error code 003-1099. これもそうなるように仕込まれています
  5. 「インターネット設定を設定しますか?」と聞かれたら、「はい」を選択します。
  6. 次の画面で、接続先1設定変更右のページ(右矢印)Proxyの設定詳細設定 の順に進みます
  7. If the exploit was successful, your device will have booted into SafeB9SInstaller

Section IV - Installing boot9strap

  1. When prompted, input the key combo given on the top screen to install boot9strap
    • If the top screen is blank, power off your device and re-do Section III
  2. Once it is complete, press (A) to reboot your device
  3. デバイスはLuma3DS設定メニューに再起動します
    • If your device shuts down when you try to power it on, ensure that you have copied boot.firm from the Luma3DS .zip to the root of your SD card
  4. (Start) を押してセーブして再起動します

At this point, your console will boot to Luma3DS by default.

  • Luma3DS does not look any different from the normal HOME Menu. If your console has booted into the HOME Menu, it is running custom firmware.
  • On the next page, you will install useful homebrew applications to complete your setup.

Section V - Restoring WiFi Configuration Profiles

  1. 「本体設定」を開きます。
  2. データ管理 -> DSiWare データ管理 の順に移ります。
  3. SDカードをクリックします。
    • Your device should show a menu with some text
  4. Select “Restore slots”
    • Your device will automatically power off
  5. パソコンにSDカードを入れます
  6. SDカードのNintendo 3DS -> <ID0> -> <ID1> -> Nintendo DSiWareへ移動します
  7. Nintendo DSiWareフォルダからF00D43D5.binを削除します

セットアップを完了する へ進みます