boot9strap(USM) の導入


英語によるサポートについては、 Nintendo Homebrew on Discord のヘルプをご覧ください。
もしこのガイドがあなたのお役に立ったのであれば、私に寄付して頂けると幸いです。

Seedminerベースのメソッドは、より簡単で安全なメソッドに置き換えられました。 このページの手順に従う理由がない場合は、始める に戻ってください。

必ずお読みください

SAFE_MODE を導入するために、開発されたWiFiプロファイルを入れる必要があります。

既存のBannerBomb3を使用してこれを行うことができます。

接続先のリストに、開発されたWiFiプロファイルを入れるために、システムの暗号化キー(movable.sed)を用いてDSiWareのバックアップを作成します

WiFiプロファイルを入れたら、SAFE_MODEを実行します。これは、WiFiプロファイルを有効にするために、すべての3DS本体に存在する回復機能です。

これらのガイドは、システムバージョン末尾にある「U、E、J、K」にあるように、米国、欧州、日本、韓国の端末で機能します。

(RボタンまたはLボタン), (十字キー上), (Aボタン) が使えない場合他の方法 を試して下さい。 質問がある場合、Nintendo Homebrew on Discordにて英語で質問して下さい。

必要なもの

  • Seedminer でダウンロードした movable.sed ファイル
  • 最新バージョンのLuma3DS

セクション I - 準備

  1. 本体の電源が入っている場合、本体の電源を切ります
  2. コンピュータで unSAFE_MODE-bb3 tool を開いてください。
  3. “ファイルを選択”から movable.sed ファイルをアップロードします。
  4. “Download unSAFE_MODE-bb3 archive” をクリック
    • これにより、F00D437D5.binと呼ばれるエクスプロイトDSiWareと、ZIPアーカイブ内のusm.binという名前のSAFE_MODE-bb3.zip`の脆弱性データファイルがダウンロードされます。
  5. パソコンにSDカードを入れます
  6. boot.firmboot.3dsx をLuma3DSの .zip からSDカードのルートにコピーします
    • SDカードのルートとは、Nintendo 3DSのフォルダなどがある最初の項目のことであり、フォルダの中ではありません。
  7. unSAFE_MODE-bb3.zipからusm.binをSDカードのルートにコピーします
  8. SDカードのNintendo 3DS -> <ID0> -> <ID1> -> Nintendo DSiWareへ移動します
    • ここでいう <ID0> は先ほど Seedminer で使用したものと同じです。
    • <ID1><ID0> の中の32文字の長いフォルダのことです。
    • Nintendo DSiWareフォルダが存在しない場合は、の中に作成します
  9. もし、このフォルダ内に既存のDSiWareのバックアップファイル(<8-character-id>.bin) がいくつかあるなら、それらをPCに移してください
    • これで Nintendo DSiWare フォルダが空になります。 PCに移すことで、バックアップファイルが削除されることはなくなります。
  10. F00D43D5.bin ファイルを unSAFE_MODE-bb3.zip から Nintendo DSiWare のフォルダにコピーして下さい

セクション II - BannerBomb3

  1. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  2. 本体の電源を入れます
  3. 「本体設定」を開きます。
  4. データ管理 -> DSiWare データ管理 の順に移ります。
  5. SDカードをクリックします。
    • 下の画面が赤色になり、数秒後にホームメニューが起動します。 これはプロファイルが正常にコピーされたことを意味します
    • 下の画面が赤くならない場合、プロファイルはコピーされておらず、次のセクションを遂行することはできません。 ファイルが正しく配置されていることを確認し、もう一度やり直してください
  6. 本体の電源を切ります。

セクション III - unSAFE_MODE

  1. 電源が入っていない状態で、(Lボタン)+(Rボタン)+(十字キー上)+(Aボタン) を同時に押して、そのまま電源をつけます。
    • 本体が起動するまでボタンをそのまま押し続けて下さい
  2. 「OK」を押して更新を承認します
    • アップデートはありません。 そういう仕組みになっています
  3. 「承諾」を押して利用規約に同意します
  4. エラーコード003-1099で更新は最終的に失敗します。 これもそうなるように仕込まれています
  5. 「インターネット設定を設定しますか?」と聞かれたら、「はい」を選択します。
  6. 次の画面で、接続先1設定変更右のページ(右矢印)Proxyの設定詳細設定 の順に進みます
  7. トップ画面に B9S install SUCCESS が表示されたら、いずれかのボタンを押して再起動し、Lumaが立ち上がります。

セクション IV - Luma3DSを設定する

  1. Lumaは自動的に表示されます
  2. (A) ボタン とD-Padを使用し、次の設定を有効にします:
    • 「Show NAND or user string in System Settings」
  3. (Start) を押してセーブして再起動します しばらくしたらホーム画面が表示されます 黒い画面が5分以上続く場合、このトラブルシューティングガイドに従ってください

セクション V - WiFi設定プロファイルの復元

  1. 「本体設定」を開きます。
  2. データ管理 -> DSiWare データ管理 の順に移ります。
  3. SDカードをクリックします。
    • 下の画面が緑色になり、数秒後にホームメニューが起動します。 これはWiFi設定のプロファイルが正常に復元されたことを意味します
  4. 本体の電源を切ります。
  5. パソコンにSDカードを入れます
  6. SDカードのNintendo 3DS -> <ID0> -> <ID1> -> Nintendo DSiWareへ移動します
  7. Nintendo DSiWareフォルダからF00D43D5.binを削除します

セットアップを完了する へ進みます