boot9strapの導入 (safecerthax)


英語によるサポートについては、 Nintendo Homebrew on Discord のヘルプをご覧ください。
もしこのガイドがあなたのお役に立ったのであれば、私に寄付して頂けると幸いです。

必読事項

safecerthaxは、すべての地域のすべてのOld 3DSおよびOld 2DSデバイスと互換性があります。

If your (Right/Left Shoulder), (D-Pad Up) or (A) buttons do not work, or your ISP is rerouting DNS changes, you will need to use an alternate method, like Installing boot9strap (Browser).

このエクスプロイトは、New 3DS、New 3DS XL、またはNew 2DS XLでは動作しません。 お使いのデバイスがOld 3DS、Old 3DS XL、またはOld 2DSであることを確認してください。

必要なもの

  • 最新バージョンのSafeB9SInstaller
  • 最新版の boot9strap *(boot9strap-1.3.zip; devkitファイルではなく、 ntrファイルではありません) *
  • 最新バージョンのLuma3DS

手順

セクション I - 準備

  1. 本体の電源を切ります。
  2. パソコンにSDカードを入れます
  3. boot.firmboot.3dsx をLuma3DSの .zip からSDカードのルートにコピーします
  4. boot9strapという名前のフォルダをSDカードのルート上に作成します。
  5. boot9strap.firmboot9strap.firm.shaをboot9strap.zipからSDカードのboot9strapフォルダにコピーします
  6. SafeB9SInstaller .zip からSafeB9SInstaller.binをSDカードのルートへコピーします
  7. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  8. デバイスの電源を入れます

セクション II - safecerthax DNS

  1. 本体設定アプリケーションを起動します
  2. インターネット設定 -> インターネット接続設定 に移動します
  3. ネットワーク接続スロットをクリックし、設定変更 -> 次のページ (右矢印) -> DNS に移動します
  4. 「DNS 自動取得」を「しない」に設定し、「詳細設定」をクリックします。
  5. プライマリDNSとセカンダリDNSの両方を054.038.133.070に設定します
  6. OKをクリックし、保存するをクリックします
  7. プロンプトが表示されたら、「テスト」をクリックして接続テストを実行します
    • テストは成功する必要があります
  8. 本体の電源を切ります。

セクション III - safecerthax

  1. 電源が入っていない状態で、(Lボタン)+(Rボタン)+(十字キー上)+(Aボタン) を同時に押して、そのまま電源をつけます。
    • 本体が起動するまでボタンをそのまま押し続けて下さい
  2. 「OK」を押して更新を承認します
    • アップデートはありません。 そういう仕組みになっています
  3. 「承諾」を押して利用規約に同意します
    • 更新に失敗し、エラーメッセージが表示されます
    • 更新に失敗しない場合は、ISP が DNS の変更を再経由している可能性があります。 Try another internet connection, or follow an alternate method, like Installing boot9strap (Browser).
  4. 「OK」を押してエラーメッセージを閉じます
  5. Exploitが成功すれば、SafeB9SInstallerが起動されます。
    • コンソールがフリーズまたはクラッシュした場合、コンソールの電源を強制的に切った後、このセクションを再試行してください。

セクション IV - boot9strapのインストール

  1. すべてのセーフティチェックが完了するまで待ちます
  2. プロンプトが表示されたら、boot9strapをインストールするために与えられたキーコンボを入力します。
  3. 完了したら、(A) を押してデバイスを再起動します

セクション V - Luma3DSの設定

  1. デバイスはLuma3DS設定メニューに再起動します
  2. (A) ボタン とD-Padを使用し、次の設定を有効にします:
    • 「Show NAND or user string in System Settings」
  3. (Start) を押してセーブして再起動します

セクション VI - デフォルトのDNSを復元する

  1. 本体設定アプリケーションを起動します
  2. インターネット設定 -> インターネット接続設定 に移動します
  3. ネットワーク接続スロットをクリックし、設定変更 -> 次のページ (右矢印) -> DNS に移動します
  4. 「DNS 自動取得」を「する」に設定
  5. OKをクリックし、保存するをクリックします
  6. プロンプトが表示されたら、「テスト」をクリックして接続テストを実行します
    • テストは成功する必要があります
  7. 本体の電源を切ります。

セットアップを完了する へ進みます