Boot9strap (Fredtool) のインストール


英語によるサポートについては、 Nintendo Homebrew on Discord のヘルプをご覧ください。
もしこのガイドがあなたのお役に立ったのであれば、私に寄付して頂けると幸いです。

Seedminerベースのメソッドは、より簡単で安全なメソッドに置き換えられました。 このページの手順に従う理由がない場合は、始める に戻ってください(例えば、L/Rボタンが壊れているなど)。

必読事項

この方法は、Seedminer による脆弱性を用いたあなたの movable.sed ファイルを、DSiWareタイトルを復号化し、脆弱性のあるDSiWareタイトルを「DSソフト用設定」アプリに挿入するために使用します。 ここでは、BannerBomb や the DSiWare Dumper toolなどを利用したDSiWareのバックアップファイルが必要です。

下記の方法はすべて「FIRM partitions known-plaintext」脆弱性の有効な活用です。詳しくは こちら

必要なもの

セクション I - 準備

  1. 本体の電源を切ります。
  2. パソコンにSDカードを入れます
  3. boot.firmboot.3dsx をLuma3DSの .zip からSDカードのルートにコピーします
  4. SDカードのルートにboot.nds (B9STool) をコピーします
  5. Frogminer_save .zipからprivateフォルダをSDカードのルートにコピーします

セクション II - Fredtool

  1. コンピュータで Fredtool を開きます。
  2. “Your movable.sed” フィールドにあなたの movable.sed ファイルを選択します。
  3. “Your dsiware.bin” フィールドの DSiWare Backup (<8-character-id>.bin) ファイルを選択してください
  4. 「私はロボットではありません」のキャプチャ認証を行います。
  5. 「開始」を選択します
  6. 処理が完了するまで待ちます
  7. すべての処理が完了したら、サイトから movable. sed ファイルをダウンロードしてください。
    • このファイルには、2つのDSiWareバックアップファイルがあり、1つはクリーンなもの(変更なし)、1つの改造用のもの(エクスプロイト)が含まれています
  8. SDカードのNintendo 3DS -> <ID0> -> <ID1> -> Nintendo DSiWareへ移動します
    • ここでいう <ID0> は先ほど Seedminer で使用したものと同じです。
    • <ID1><ID0> の中の32文字の長いフォルダのことです。
    • Nintendo DSiWareフォルダが存在しない場合は、の中に作成します
  9. ダウンロードしたDSiWareアーカイブ(fredtool_output.zip)のoutput/hax/フォルダから42383841.binファイルをNintendo DSiWareフォルダにコピーします
  10. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  11. デバイスの電源を入れます
  12. 「本体設定」を開きます。
  13. データ管理 -> DSiWare データ管理 に移動します
  14. 「SDカード」セクションで「Haxxxxxxxxx!」タイトルを選択します
  15. 「コピー」を選択し、「OK」を選択します
  16. システム設定のメインメニューに戻ります
  17. インターネット設定 -> Nintendo DS Connections に移動し、”OK” を選択します。
  18. 完了した場合、日本語のうごくメモ帳が開きます

セクション III - “うごくメモ帳” バグ

このセクションのビジュアルガイドをご希望の場合は、 このリンク からご利用いただけます。

  1. メインメニューに到達するまで、うごくメモ帳の初期設定プロセスを完了します
    • セットアッププロセス中にプロンプトが表示されるたびに左のオプションを選択します
  2. タッチスクリーンを使用して、大きな左のボックスを選択し、SDカードアイコンのあるボックスを選択します
  3. メニューが読み込まれたら、顔アイコンを選択し、右下アイコンをクリックして続行します
  4. 上部画面に表示されている(X) ボタンまたは(UP) 矢印を押します
  5. フィルムリールアイコン付きの上部にある2番目のボタンを選択します
  6. 「3/3」リールが選択されるまで右にスクロール
  7. 「A」という文字が入った3番目のボックスをタップしてください
  8. “1/3” リールが選択されるまで左にスクロール
  9. 「A」の文字が入った4番目のボックスをタップしてください
  10. エクスプロイトが成功した場合、お使いのデバイスは b9sTool をロードします。
  11. 方向ボタンを使って「boot9strapのインストール(Install boot9strap)」に移動します
    • このステップをしなかった場合 boot9strapをインストールするのではなく、システムがホームメニューに戻るため、ニンテンドーDS接続を開いてセクションIIIの初めからやり直す必要があります。
  12. (A) を押し、同時にSTARTとSELECTを押してプロセスを開始します
  13. 完了し、下の画面に「完了(done)」と表示されたら、b9sToolを終了し、デバイスの電源を切ってください
    • 電源ボタンを長押しして強制的に電源を切る必要があるかもしれません
    • Luma3dsの設定画面が表示された場合は、電源を切らずにガイドを続けてください

セクション IV - Luma3DSを設定する

  1. (Select) を押したままデバイスを起動し、Luma3DS設定メニューを開きます
  2. (A) ボタン とD-Padを使用し、次の設定を有効にします:
    • 「Show NAND or user string in System Settings」
  3. (Start) を押してセーブして再起動します しばらくしたらホーム画面が表示されます 黒い画面が5分以上続く場合、このトラブルシューティングガイドに従ってください

セクション V - DS接続設定の復元

  1. 本体の電源を切ります。
  2. パソコンにSDカードを入れます
  3. fredtool_output.zipの”output/clean”フォルダーから”42383841.bin”をNintendo 3DS/<ID0>/<ID1>/Nintendo DSiWare/フォルダーにコピーしてください。
    • 既存の 42383841.bin ファイルを置き換えてください
  4. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  5. デバイスの電源を入れます
  6. 「本体設定」を開きます。
  7. データ管理 -> DSiWare データ管理 に移動します
  8. 「SDカード」セクションで「Nintendo DSi™」のタイトルを選択します
  9. 「コピー」を選択し、「OK」を選択します

セットアップを完了する へ進みます