セットアップを完了する


英語によるサポートについては、 Nintendo Homebrew on Discord のヘルプをご覧ください。
If you appreciate this guide, we accept Donations.

必ずお読みください

boot.firm のファイルは、NANDのロードが終了した後にboot9strapによって起動されるもので、どんなarm9データもFIRM形式として有効になります このファイルはいつでも変更することができます。 Luma3DSでは、Luma3DSチェーンローダを使用して他のarm9データをFIRM形式で起動することができます。

本文では、LumaTeamさんのLuma3DSで直接にパッチしたSysNANDを実行するようにします。これにより、EmuNANDを実行する必要がゼロになったり、改造された3DSの使用を簡単にしたり、SDカードの空き領域を節約したりできます。

手順の一部として、下記のプログラムもインストールします:

  • FBI (CIAフォーマットのゲームとアプリをインストールします)
  • Anemone3DS (カスタムテーマをインストールできます) Checkpoint (3DSおよびDSゲーム用のセーブファイルの保存と復元ができます)
  • Universal-Updater (a homebrew app store for downloading homebrew from the 3DS over wifi)
  • Hourglass9 (NANDやゲームカードに関する機能があります)
  • Homebrew Launcher Loader (Homebrew Launcherが開けます)
  • DSP1 (homebrewアプリケーションにサウンドを与えます)
  • ctr-no-timeoffset (ホームメニューとRTCタイムスタンプが一致するようにrtcの差を削除します)

必要なもの

手順

セクション I - 準備

  1. 本体の電源を切ります。
  2. パソコンにSDカードを入れます
  3. SDカードの直下に3dsフォルダがない場合、そのフォルダを作成します
    • このフォルダは自作ソフトとそのデータを保存します。デバイスが自動的に生成する”Nintendo 3DS”フォルダとは異なります。
  4. SDカード直下に cias フォルダが存在しない場合、作成します。
  5. SDカードの/3ds/フォルダに ctr-no-timeoffset.3dsx をコピーします
  6. FBI.3dsxを、SDカードの/3ds/フォルダにコピーします。
  7. Homebrew_Launcher.ciaをSDカードの/cias/フォルダーへコピーします
  8. SD カードの /cias/ フォルダーに FBI.cia をコピーします
  9. SD カードの /cias/ フォルダーに DSP1.cia をコピーします
  10. SD カードの /cias/ フォルダーに Anemone3DS.cia をコピーします
  11. Checkpoint.ciaをSDカードの/cias/フォルダーへコピーします
  12. Copy Universal-Updater.cia to the /cias/ folder on your SD card
  13. payloadsというフォルダをSDカードのlumaフォルダの中に存在しない場合は作成します
  14. GodMode9.firm を GodMode9の .zip から取り出し、SDカードの /luma/payloads/ フォルダにコピーします。
  15. gm9フォルダをGodMode9.zipからSDカードのルートにコピーします。
  16. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  17. デバイスの電源を入れます

セクション II - システムの更新

以前のガイドで、New 3DSを2.1.0にCTRT転送した場合は、このセクションを実行する前に NANDバックアップを復元する 必要があります。

次の手順に進む前に、EmuNANDを既に導入しており、昔のEmuNANDを新しいSysNAND CFWに移行したい場合は、まずEmuNANDのデータ移行 をしてください。

  1. 「本体設定」→「その他の設定」を開き、1番右のページから「本体の更新」を行います
    • (今使っている) B9S + Luma を使用している状態での本体更新は安全です
    • 更新はせずに、「この本体は最新です。」と表示されます 本体の更新をすでにしている場合、これは当たり前のことです。次のステップの進んで下さい
    • エラーが発生した場合は、DNS設定を「自動」に設定してください
    • If this still gives you an error, follow this troubleshooting guide

セクション III - Homebrew Launcher

  1. ダウンロードプレイを開いて下さい ()
  2. 画面が表示されるまで待ちます
  3. (Lボタン) + (十字キー下) + (Select) を同時に押してRosalina menu を開きます
  4. “Miscellaneous options​”を選びます。
  5. “Switch the hb. title to the current app.”を選びます。
  6. (B) ボタンで続行します
  7. (B) を押してRosalinaメインメニューに戻ります
  8. (B) を押してRosalinaメインメニューを終了します。
  9. Homeボタンを押しダウンロードプレイを閉じます。
  10. 再度ダウンロードプレイアプリを開きます。
  11. するとHomebrew Launcherが起動されます
  12. Ctr-no-timeoffsetをhomebrewリストから開きます
  13. (A) を押してオフセットを 0 に設定します
    • これは、システムクロックをRTCの日付と時刻に合わせるように設定します (これはすぐに設定されます)
  14. (Start) を押し、Homebrew Launcherへ戻ります
  15. HomebrewメニューからFBIを起動します。

セクション IV - CIA のインストール

  1. SDカードのciasフォルダに移動します
  2. 「<current directory>」を選択します
  3. 「Install and delete all CIAs」を選択し、(A) を押して確認します
  4. Homeボタンを押しダウンロードプレイを閉じます。

セクション V - DSP ダンプ

  1. DSP1 を起動します。
  2. 完了したら、(B) を押すとアプリが自動的に削除され、ホームメニューに戻ります

セクション VI - CTRNAND Luma3DS

  1. 本体の電源を切ります。
  2. Press and hold (Start), and while holding (Start), power on your device. This will launch GodMode9
    • If you do not boot into GodMode9, ensure that GodMode9.firm is in /luma/payloads/ and that payloads is correctly spelled
  3. 重要なファイルのバックアップを作成するように求められたら、(A) ボタンを押して実行し、(A) ボタン を押して完了させてください。
  4. RTC日付/時刻を修正する場合、(A) ボタンを押し、日付や時刻を設定してください。終わったら、(A) を押してください。
  5. (Home) ボタンを押してアクションメニューを呼び出します
  6. “Scripts…“を選択します
  7. “GM9Megascript”を選択します
  8. “Scripts from Plailect’s Guide”を選択します
  9. “Setup Luma3DS to CTRNAND”を選択します
  10. メッセージが表示されたら、(A) ボタンを押して続行します
  11. (A) を押してSysNAND(lvl1) 書き込みをロック解除し、与えられたキーコンボを入力します
  12. (A) で続行します

セクション VII - SD カードのクリーンアップ

  1. “Cleanup SD Card”を選択します
  2. メッセージが表示されたら、(A) ボタンを押して続行します
  3. (A) で続行します
  4. Bキーを押してメインメニューに戻ります

セクション VIII - 重要ファイルのバックアップ

  1. “Backup Options”を選択します
  2. “SysNAND Backup”を選択します
  3. (A) を押して確認します
    • この作業には少し時間がかかります
    • エラーの場合は、SD カードに1.3GB以上の空き領域があることを確認してください。
  4. (A) で続行します
  5. Bキーを押してメインメニューに戻ります
  6. Select “Dump Options”
  7. Select “Dump Boot9.bin & Boot11.bin”
  8. メッセージが表示されたら、(A) ボタンを押して続行します
  9. (A) で続行します
  10. Bキーを押してメインメニューに戻ります
  11. “Exit”を選択します。
  12. (A) ボタンを押すとNANDへの書き込みを再ロックできます
  13. Navigate to [S:] SYSNAND VIRTUAL
  14. Press (A) on essential.exefs to select it
  15. “Copy to 0:/gm9/out” を選択します
    • If you see “Destination already exists”, press (A) on “Overwrite file(s)”
  16. (A) で続行します
  17. (Home) を押してアクションメニューを表示します
  18. “Power off system” で本体の電源を切る
  19. パソコンにSDカードを入れます
  20. Copy <date>_<serialnumber>_sysnand_###.bin, <date>_<serialnumber>_sysnand_###.bin.sha, essential.exefs, <serialnumber>_boot9_###.bin, and <serialnumber>_boot11_###.bin from the /gm9/out/ folder on your SD card to a safe location on your computer
    • オンラインストレージ等の場所にファイルのバックアップをしてください
    • これらのバックアップはブリックした場合に、NANDイメージからファイルを復元することができます。
  21. バックアップしたら、SDカードの/gm9/out/フォルダから<date>_<serialnumber>_sysnand_###.bin<date>_<serialnumber>_sysnand_###.bin.shaを削除します。
  22. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  23. 本体の電源を入れます

メモ

デフォルトでLuma3DSが起動されます。

(Select) を押したまま起動すると、Luma3DS設定メニューを開きます。

起動時に (Start) を押しているとLuma3DSチェーンローダーメニューを起動できます (Luma3DSチェーンローダーメニューは複数のペイロードが検出された場合にのみ表示されます)。

起動時に(Start) + (Select) + (X) を押すと、ARM11ブートロム (boot11.bin), ARM9ブートロム (boot9.bin), そして本体独自のOTP (OTP.bin) がSDカードの /boot9strap/ フォルダにダンプされます。(この方法は表示されないので覚えておいて下さい)

システムが起動している間に (L) + (Down) + (Select) を押すと、Luma3DSに統合されたRosalinaメニューが開きます。 Rosalinaの機能のリストについては、Luma3DS v8.0 Releaseを確認ください。

より大きなサイズのSDカードにアップグレードする場合は、新しいSDカードをFAT32としてフォーマットし、古いSDカードの内容を新しいSDカードにコピーするだけです。

新しいSDカードが32GBを超える場合は、別のツールを使用してフォーマットする必要があります。 例えば、guiformat (Windows)ディスクユーティリティ(Mac)cfdisk (Linux) など。

デバイスの地域を別の地域に変更したいなら、地域を変更する ページをご覧ください。

GodMode9 のさまざまな機能を使用してについては、 GodMode9 Usage を参照してください。。

Luma3DSの使い方については、このwikiをご覧ください。

カスタムテーマとスプラッシュスクリーンのインストールについては Theme Plazaをチェックしてください。

Luma3DSのGatesharkチートコードの使用方法については、 Checkpointをご覧ください。