BannerBomb3


英語によるサポートについては、 Nintendo Homebrew on Discord のヘルプをご覧ください。
もしこのガイドがあなたのお役に立ったのであれば、私に寄付して頂けると幸いです。

Seedminerベースのメソッドは、より簡単で安全なメソッドに置き換えられました。 このページの手順に従う理由がない場合は、始める に戻ってください(例えば、L/Rボタンが壊れているなど)。

必ずお読みください

DSiWareシステムをダンプするために、本体設定アプリのDSiWare データ管理画面の脆弱性を使用します。

それを実現するため、システムの暗号化キー (movable.sed) を使用して、DSソフト用設定に脆弱性を仕込み、DSiWareのバックアップのダンプをSDカードのルートに作成します。

これらのガイドは、システムバージョン末尾にある「U、E、J、K」にあるように、米国、欧州、日本、韓国の端末で機能します。

必要なもの

  • Seedminer より作成した、 movable.sed ファイル

セクション I - BannerBomb3

  1. BannerBomb3 Tool をあなたのコンピューターで開いてください。
  2. “ファイルを選択”から movable.sed ファイルをアップロードします。
  3. “Go” をクリックします。
    • 脆弱性を含んだDSiWareである F00D43D5.bin が入ったZIPファイルをダウンロードします。 (tadmuffin_out.zip)
  4. コンソールの電源が入っている場合は、コンソールの電源を切ります
  5. パソコンにSDカードを入れます
  6. SDカードから、 Nintendo 3DS -> <ID0> -> <32-character-id> -> Nintendo DSiWare の順にフォルダを開きます。
    • ここでいう <ID0> は先ほどあなたが Seedminer で使用したものと同じです。
    • もし Nintendo DSiWare フォルダが見当たらない場合は作成してください。
  7. もし、フォルダ内にDSiWareのバックアップファイル(<8文字のID>.bin)がいくつかある場合、PCへ移してください。
    • これで Nintendo DSiWare フォルダが空になります。 PCに移すことで、バックアップファイルが削除されることはなくなります。
  8. BannerBomb3からダウンロードした圧縮ファイル (tadmuffin_out.zip) 内の、 output\Usa_Europe_Japan_Korea\ フォルダにある F00D43D5.bin ファイルをSDカードの Nintendo DSiWare フォルダにコピーします。
  9. 再度、SDカードを本体に挿入してください。
  10. デバイスの電源を入れます
  11. デバイスの「本体設定」を開きます。
  12. データ管理 -> DSiWare データ管理 に移動します
  13. SDカードをクリックします。
    • システムはマゼンダ(ピンク/パープル)色で点滅してから数秒でクラッシュするはずです。 それは成功したことを意味します。
  14. 本体の電源を切ります。
  15. パソコンにSDカードを入れます
  16. SDカードのルートに 42383841.bin が存在しているはずです。 このファイルは、DSiWareのバックアップとして、このあとのガイドで使用します。
  17. SDカードから、 Nintendo 3DS -> <ID0> -> <32-character-id> -> Nintendo DSiWare の順にフォルダを開きます。
    • ここでいう <ID0> は先ほどあなたが Seedminer で使用したものと同じです。
  18. パソコンとDSiWareフォルダから、 F00D43D5.bin を削除します。 このファイルはもう必要ありません。

引き続き Installing boot9strap (Fredtool) へ進んでください。